専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

屍囚獄 ネタバレ

 

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は、「屍囚獄1巻」のネタバレをしていきますね。

 
なお、このマンガはまんが王国で試し読みできます。

 
ネタバレの前に試し読みしたい方は
こちら

 「屍囚獄」で検索!

 

 

若い女がいない村にやってきた女子大生たち

 

 

舞台は山奥の人口わずか43人の小さな村「八坂村」。

 


そこに、とある大学の教授、助教授、そして6人の女子生徒がやってきました。

 


目的はこの村の調査で、彼女たちは楽に単位が取れるということで、やっつけ半分といった様子。

 


村長の天野のもとを訪れた一行。 そこに、暗い表情をした美人の写真が飾ってありました。

 


彼女は天野の妻で、長いこと寝たきりだと言います。

 


「若い頃はそらぁもう、村中の男が“宇受売(うずめ)”に夢中になっとりましたわ。」

 


この“うずめ”がこのストーリーのカギを握っていそうですね、、、

 


ちょうどその時、天野の息子・貴彦が現れます。 なかなかのイケメンです。

 


どうやら、息子の嫁探しという口実で、現地調査を受け入れたようですね(笑)。

 

 

“ウズメ”の正体とは?

 


村の男たちを共に食を囲むことになった一行。 この村についていろいろ聞かされます。

 


この村は、若い女性どころか未婚の女子が一人もいないんだとか。 女性の出生率が異常に低く、ここ50年女児は一人も生まれていないそうです。

 


「、、、祟りや “ウズメ様”の祟りやが!」

 


そんな妙なことを言う八彦という男。

 


「、、、八彦、要らんこと言うな!」

 


天野は“ウズメ”のことを隠そうとします。 ますます深まるウズメの謎。

 

 

謎の少女現る

 


家に貴彦が帰ってきました。

 


「遅くなってご免、ケーキ買ってきたよ。」

 


そこには、椅子に腰かけて猫の人形を抱きかかえてる少女がいました。

 


「、、、うずめ」

 

 

 

猿田彦神のお面登場

 


和式便所に耐えられず、近くの男性の家に来た比奈と沙霧。

 


比奈が用を足している間、この家の男が、「面白いもの見せてあげるから」と言って沙霧をある一室に招きます。

 


トイレから出てきた比奈。 しかし、沙霧の姿が見えません。

 


すると突然、後ろから男に襲いかかられます。 

 


「7人もいるんだから、一人二人まわしてもらわないとな!」

 


彼の目的を理解した比奈は身をよじります。

 


その時、ズカっ!!という鈍い音とともに、斧で真っ二つにその男の顔がかち割られました。

 


その斧を持つ謎の人物は、猿田彦神の面をかぶっていて、、、

 


突然目の前で起こった惨劇。

 


比奈はどうなってしまうのでしょうか。

 

 
このマンガは、
まんが王国で読むことができます。 


無料試し読みもできるので、
ぜひ読んでみて下さい♪

 

→まんが王国はこちら