専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

先輩のカノジョ ネタバレ

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「先輩のカノジョ」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「コミなび」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

コミなびで「先輩のカノジョ」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

ある日、順平は先輩と先輩のカノジョしほりと飲んでいました。

 

そのまま寝てしまった順平は夜中に物音がして目をさまします。

 

目を向けると、、、

 

なんと先輩と先輩のカノジョがベッドの上でいやらしいことをしていたのです、、、

 

そのときベッドの上の先輩のカノジョと目が合ってしまい、

順平は焦ります。

 

その後もつづく愛し合う音。

 

順平は見てはいけないと思いつつも、

我慢できずに何度も見てしまいます。

その後行為が終わり、先輩たちが寝ているところで起き上がった順平。

 

するとしほりが話しかけてきて、

 

「パンティとってくれる?」

 

なんて大胆なことを言います。

 

順平は顔を真っ赤にして、おそるおそるとって手渡してそのまま足早に帰ろうとします。

 

そして家に帰った順平は、

頭のなかで先輩としほりがやっている光景や声を思い出して自慰をしちゃいます。

 

次の日の朝に会ったとき、後輩は順平に

「昨日見ました?」

聞いてきます。

 

それは先輩と彼女のベッドでのこと。

 

そう、順平だけではなく一緒にいった後輩も気づいていたのです。

 

順平は後輩につい自分は寝ていたと嘘をついてしまいます。

 

その話をすればするほど、順平の脳裏には昨日のしほりの姿がうかびます。

 

そして気づけば下半身がやばいことに、、、

ある日の帰り道、順平はしほりそっくりの女性が、

派手な格好をして繁華街に消えていくところを偶然みてしまいます。

 

たどりついたのはキャバクラでした。

 

順平はしほりそっくりな女性を指名しますが、

やってきたのは「さくら」と名乗るしほり本人でした。

 

しほりはもちろん順平に気付き

「二人だけの秘密にしといて」

といいます。

 

順平は昨日の真意を確かめたくて、しほりに昨夜のこと見ていたといいます。

 

するとしほりは冷静に「そう…」といいつづけて

 

「目合ってたもんね。何回も」

 

と言います。

 

順平としては目があったのは1回だけだったので、

その返答にどきりとしてしまいます。

 

 

このマンガは「コミなび」で読むことができます。

無料試し読みもできるので、

是非読んでみて下さい♪

→コミなびはこちら