専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

無職強制収容所のネタバレ 無料試し読みも♪

2022年、非労働者再生法が成立した日本。 6カ月を超えて収入のない者は、再生処置施設で脳のリライト処置を受ける。

外資系投資会社に勤めていた神条達也は、ある日、職を失う。 しかし6カ月後、達也が送られたのは再生施設ではなく強制収容所だった。 そこでは、異常な訓練と洗脳、啓発が行われていた。

ネタバレがありますので、先に無料で試し読みしたい方はまんが王国へ!

 

サイト内より【無職強制収容所】と検索!

↓ ↓ ↓

無職強制収容所を無料で試し読みしてみる

 

ネタバレ

外資系投資会社に勤める神条達也。

 

入社2年で全社トップの成績を叩き出し、入社4年目で飛び抜けた才能を買われ最年少でトップチームに入りました。

 

高木という男が入ってくるまでは。

 

高木は年齢的にも新卒レベルなのにも関わらず入社1ヶ月で何の成果も上げていないのにトップチームになっています。

 

 

高木は再生者だという噂がありました。

 

会社にも何人か再生者がおり珍しくもないのですが高木は新しいタイプの再生者だと言うのです。

 

達也の同僚によると、そんな高木は達也の過去の投資報告書を見ていたのだそう。

 

達也が担当している地域のエネルギー事情に詳しく、あの若さでまるで何十年も見てきたかのように詳しい。

 

それが何を意味しているか想像に任せるがと、達也は同僚に忠告されたのでした。

 

そんな達也には愛美という美人でスタイルが良い彼女がいました。

 

毎日が自主休講と言い学校に行っていない愛美。

 

25歳で無職だったら再生されると神条は心配するものの、愛美はそれまでに達也がもらってくれるから大丈夫と言ってます。

配偶者は対象者にならないのです。

 

そんなとき愛美は再生者の見分け方について達也に話し始めました。

 

再生者には左の耳の後ろに小さな穴が空いていて再生処置を行う時に脳に棒を突っ込むための穴だと。

 

しかし達也はそんなの都市伝説だし非労働者再生法なんてエリートの自分には関係ないと思うのです。

 

そんなとき達也は街でパーソナルカードを提示してもらえないかと警官に声を掛けられます。

 

達也のパーソナルカードがレッドマークが表示されたと提示を求められたのですがその時は誤検知だと言われました。

 

しかしその後、会社では人事に呼ばれ本日付で解雇されるのです。

 

その原因にはあの高木も関係しており、解雇されたことで達也は高木を殴り暴力沙汰を起こしてしまうのです。

 

それから達也の人生は負のスパイラルに陥っていくのです。

 

愛美とレストランに行くと5億はあったはずの預金がなくなり、高木を殴って暴力事件を起こしたことで職も見つからない。

 

一流企業でトップクラスの成績を誇っていた達也は他人ごとだと思ていた非労働者再生法を受けることに・・・。

 

しかし達也が受けることになったのは再生処置ではなく強制労働の執行でした。

 

再生処置以外にもそんなものがあったのかと思う達也ですが――。

 

無色強制収容所を無料で読むならこちら♪