専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

娘を売る街 昭和の赤線・吉原のネタバレ 無料試し読みも!

 

 

結納を済ませ半年後には祝言をあげることが決まっていた加恵。

 

しかし不始末の儀によって父親切腹して亡くなり
家禄没収、家屋敷は召し上げられ断絶・・・。

 

加恵は吉原に売られてしまうのですが
父親の死はハメられたものだということがわかり――・・・。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はまんが王国へ!

 

サイト内より【娘を売る街】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を無料で立ち読み

 

ネタバレ

 

片原加恵は、女郎にすることはコレ以外ないと無理やりさせられ、なぜ私が吉原の女郎にと思いながら父親に助けを求めていました。

 

彼女は旗本二千石 普請奉行・片倉清エ門の娘です。

 

結納が済み半年後には、五百石の佐々木家の次男坊と祝言をあげることが決まっていました。

 

加恵の父である清エ門は勤めでいろいろありふさいでいたのですが、この日は元気そうで加恵も安心していました。

 

しかしこの日の清エ門の言葉が加恵には、まるで遺言のように思ってしまったのです。

 

「幸せにのう加恵」

 

後日、清エ門は不始末の儀によって切腹を申し付けられ、亡くなってしまったのです。

 

清エ門は賄賂ばかりかお上の金子まで着服し、同じ普請奉行の松坂の訴えで明るみに出たと言います。

 

家禄没収、家屋敷は召し上げられ断絶。
とばっちりを恐れいいなづけの佐々木家も親類縁者も必死で我関セズ・・・。

 

父親が亡くなったことなどから加恵は放心状態で、そんな加恵に札差はうちのお店に借金があったと、松坂の言う通りにしろと言い出し、口を押さえられ無理やり犯されたのです。

 

 

札差はいっそこのまま松坂のお妾にと言いますが、見せしめは必要だと加恵を裏通りの小見世に売ったのでした。

 

 

加恵は美女で名高く、上玉なため小見世の者も上玉なのに妙だと言います。

 

ワケありの身だからなるべく悪いところで使ってくれと言われたようです。

 

しかも加恵は「こそで」という名で売られたようです。

 

小見世の食事は加恵には耐えられないものでした。

 

そこの女郎たちは白いご飯が食べられるだけでありがたいと言いますが、すえているため加恵は吐き出してしまいます。

 

また加恵は若くて美しいため一見の客はつきますが、呆けているため2度目が続かないのです。

 

それでも味見をしてみたいという客もいて、それが他の女郎の客だったために客を取ったと殴られたりということもありました。

 

悪夢が覚めず今までの生活に戻りたい加恵は、死ねばきっとあっちに戻れると首を吊ろうとします。

 

しかしそこに通りかかった者の話を聞いてしまったのです。

 

清エ門はハメられたということを・・・。

 

本当の悪事は松坂でそれを暴こうとした清エ門が、返り討ちにあったのでした。

 

そう、加恵を無理やり犯した男です。

 

周りも薄々気付いているようですが、松坂の権勢に怯え見ざる言わざると決め込んでいる様子。

 

死のうと思った間際に真実を知ってしまった加恵。

 

果たして加恵はどうするのでしょうか・・・。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を無料で読むならこちら♪