専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

火葬場のない町に鐘が鳴る時のネタバレ

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「火葬場のない町に鐘が鳴る時」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「コミなび」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は
こちら
コミなびで「火葬場のない町に鐘が鳴る時」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

その町には不思議な掟がありました。 それは、

 

夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響き、その音が聞こえたら夜明けまで決して外に出てはいけない

というものでした。


高校生になった勇人は、親の転勤で10年ぶりに東京からみとず町に帰ってくることになっていました。
幼い頃に別れた幼なじみの咲に会えることを楽しみにしていました。

 

町中を散策していた勇人は無事に咲と再会を果たしますが、咲は10年前に何も言わず町を出ていった勇人に怒りを覚えている様子。

 

しかし、うっかり時間を忘れていた咲は、6時になったことに気付き、慌てて勇人の手を引き走り出します。

 

みとず町では夕方6時を過ぎると不思議な鐘が鳴り
その音を聞いたら夜明けまで絶対に外へ出てはいけない・・・。

 

10年前に大人たちに聞かされていたこの言葉をただの迷信だと思っていた勇人は、にわかに信じられないでいました。

 

家に帰る途中、2人は大きな鐘の音を耳にします。


その瞬間、勇人の頭の中に鋭い痛みが走り、思わず耳を塞いで立ち止まってしまいます。

 

咲は勇人を近くの自分のマンションに連れて行こうとします。


しかし、道中不気味な風貌の「冥奴様」に襲われることになります。

 

冥奴様とは一体何者?
襲われたふたりの運命は?

 

みとず町に何が起こっているというのでしょうか?

 

 

このマンガは「コミなび」で読むことができます。

 

無料試し読みもできるので、
是非読んでみて下さい♪
→コミなびはこちら