専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

花君と恋する私 ネタバレ

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「花君と恋する私」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「コミなび」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

コミなびで「花君と恋する私」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

主人公・坂下七世は委員長でしっかり者。

 

でも、ちょっと抜けているところがあるんです…

 

一方、花は、校内で暴力事件を起こして停学中の男子生徒。

 

ある日、七世が方向音痴なため学校で迷っているとき、

逃げ出そうとする花君に出会います。

 

そこで、花君が落とした物を七世が拾います。

 

ある日、七世は同じ人から4度目の告白を受けます。

 

そこへ、花君が声をかけて助けます。

 

「ちくんないで くれて どーも」

と花君が言います。

 

脱走したことをですね。

 

「コロされたくありませんからねっ!」

と言う七世に花君が笑います。

 

別の日、花君が落としていった小さい箱を花君に返そうとしますが、

 

「捨てといて」

 

「当日にどーしても あげたかったけどでもいいんだよ」

 

「すきなひとにプレゼント」

と花君が言います。

 

好きな人、いたんだ、、、と

七世は思います。

 

停学中だった花君がクラスに帰ってきます。

 

しかし、クラスのみんなは目を合わせようともしません。

 

「おかえりっ」

 

静かな中から聞こえたのは七世の声でした。

 

花君、最初は驚いていたけど、

すぐに笑顔になります

 

ある日、席替えがありました。

 

七世の前は花君に決まりました。

 

花君の席は廊下側の1番前 ドア近くです。

 

七世はつい目で 花君を追いがちです。

 

雨の日、七世と花君は花君の傘で帰ります。

 

何も言わなかった花君だけど、

七世を駅まで送ります

 

「どーも ありがとーっ」

という七世に花君は

 

いいんちょーの「おかえり」ってあれ
うれしかったから 意外と」

と言います。

 

顔を赤くする七世なのでした。

 

ある日、2人でこまり先生のお見舞いに。

 

しかし、七世はそこで知ってしまいます。

 

花君の好きな人はこまり先生だと…

 

あの箱はこまり先生へのプレゼントだったのです。

 

そのあとに七世は、花君のことが好きだと自覚します。

 

花君が落としていった箱についてこまり先生と話している七世。

 

「私の好きな人の物なんです」

 

つい七世はこまり先生に言ってしまいます。

 

しかし、その会話は

 

花君に聞かれてしまっていたのです・・・

 

 

このマンガは「コミなび」で読むことができます。

無料試し読みもできるので、

是非読んでみて下さい♪

→コミなびはこちら