専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

超人類 6(シックス) ネタバレ 【人類を進化させる研究「6」とは、、、?】

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「超人類6(シックス)」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「コミなび」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

コミなびで「超人類6」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

水泳の授業を日陰で見学していた裕は、

女子に海水浴に誘われるも、

紫外線に当たるのが嫌で断ります。

 

その帰りに、幼なじみの京斗にアイスを渡されますが、

添加物だらけだからと、これも断ります。

 

昔はよく駄菓子屋でお金を出し合って買い、

2人で一緒に食べたものの、

今の裕は神経質になりすぎて体のことばかり考えていたのです。

 

その原因は父親の死、、、

 

屈強で自慢の父だったのですが、

癌でみるみるとその面影が消えていく様子を見た裕は、

いつか自分も同じようになってしまうのではないかと

怯えていたのです。

 

そんな様子をみてきた京斗は、

裕自身が何かの病気にとり憑かれているようだと言います。

 

 

ある日の夜、裕は家でテレビを見ていました。

 

地球上の頂点捕食者である人類は

地球上で一番賢く進化したと、、、。

 

ならばどうして病気がなくならないのか、

 

死なないように進化することはできなかったのか、

 

裕はそんなことを考えるのでした。

 

すると次の瞬間、

裕は急に咳き込み、手を見ると血がついていたのです。

 

 

北極では、数百年後に確実に来る氷河期に備えて、

海中都市計画について話し合われていました。

 

日本からやってきたのはエド博士ではなく

ぞの娘の美帆。

 

言い争いになった結果、美帆は氷河期先の

「スノーボール現象」について話し出します。

 

そして、人類が氷河期に適応すればいいと、

来る未来に備え人類を進化させればいいと、

その研究を父がしていることを告げます。

 

それから三週間後。

 

エド博士は美帆に一通のメールを送り、姿を消します。

 

その内容は、人類を進化させる研究「6(シックス)」が完成し、

プラン6を発動させるというもの。

 

6の完成はまだまだ時間がかかると言っていたのに、

完成しただけでなく、まだ氷河期でもないというのに

その6を発動させると、、、

 

急いで彼の研究所に行ってみると、

そこは破壊されていて、人体実験の痕跡が残っていました。

 

氷河期に備え、人類を進化させるための6。

 

しかし、その6により新人類が誕生すれば、

氷河期よりも先に旧人類は絶滅してしまうと、

美帆は思うのでした。

 

新人類とはいったいどんなものなのか、、、

エド博士はどこへいってしまったのか、、、

裕の運命は、、、

 

 

このマンガは「コミなび」で読むことができます。

無料試し読みもできるので、

是非読んでみて下さい♪

→コミなびはこちら