専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

ちはやふる ネタバレ【お互いに刺激しあう少年少女】

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「ちはやふる」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「コミなび」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

コミなびで「ちはやふる」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

今から6年前、

12歳の千早は、モデルをしている姉をずっと応援していました。

 

ある日、新聞を届けに来てくれた少年が、

学校に来たばかりの転校生だと気づきます。

 

その新という少年は、クラスのボス的存在・太一に

いじめられていました。

 

しかし、千早は天真爛漫な性格ということもあり、

あまり気にせずに新と仲良くしていました。

 

ある日、新の家にやってきた千早。

 

そこで千早は、姉の活躍を見るのが夢だと言いますが、

新はビシッと否定します。

 

一方、新の夢はかるたの名人になることでした。

 

その話をして嬉しくなった新は、

千早に、一緒にかるたをしようと言います。

 

なめてかかる千早ですが、

新は想像以上に強かったのです。

 

学校のかるた大会の時期がやってきました。

 

太一は新に勝負を申し込みます。

 

「一枚でも取られたら、卒業までお前はハブだ。」

 

案の定、新は一枚も取られることなく決勝まで進みます。

 

決勝であたる太一は少し驚き、

負けるのが嫌だったのか、

新のメガネを隠してしまうのです。

 

新はメガネがないと何も見えないので

じっと黙ってしまいますが、

そこに千早がやってきます。

 

新の代わりに千早が太一と戦い、

千早が勝ってしまうのです。

 

これを機に3人はどんどん仲良くなります。

 

太一が探した「白波かるた会」に3人で

入会し、その日のうちに

そのかるた会にいた同い年の子たちを

新が負かしていっていきます。

 

その新の強さに気づいたのは

「白波かるた会」の原田先生。

 

原田先生は「綿谷新」という

名前を聞いて新のおじいちゃんが

70年代に名人戦を7連覇した

永世名人・綿谷始さんだと気付きます。

 

そのまま3人でかるたを続けていき、

小学生だけのかるた大会の

チーム戦に出る決断をします。

 

しかし、その後すぐに太一が中学は

遠くの私立へ行くことになり

新は地元の福井に帰ることになります。

 

千早は一人になってしまうと思い、

一度かるたから離れようとします。

 

しかし、かるた大会当日、

ちはやは会場に姿を現します。

 

折角、かるた大会で3人が揃ったのに

新は高熱で具合が悪そうです。

 

そしていよいよ初戦が始まります。

 

 

 

このマンガは「コミなび」で読むことができます。

無料試し読みもできるので、

是非読んでみて下さい♪

→コミなびはこちら