専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

あなたのことはそれほどのネタバレ 無料試し読みも♪

「私はいつかきっと罰があたる」いくえみ綾が描く、底無しW不倫 占い師は、中学生の美都(みつ)にこう言った。

「二番目に好きな人と結婚するのがいい」医療事務として働く美都は、飲み会の帰り道に想って想って想い続けた初恋の人・有島(ありしま)に再会、男女の仲に。

しかし彼は既婚者で、美都にもすでに優しい夫がいて───。

美都と夫、有島と妻。四者四様の視線と思惑が交錯する、出口なしのマリッジライフ、待望の第1巻。

 

ネタバレがありますので、先に無料で試し読みしたい方はコミなびへ!

サイト内より【あなたのことはそれほど】と検索!
↓ ↓ ↓
あなたのことはそれほどを無料で試し読みしてみる

 

 

ネタバレ

渡辺美都は飲み会の帰り道に偶然はじめての相手の有島光軌と再会します。

思い出話に花が咲きそのまま男女の関係に。

美都は12歳の時に有島が転校してきた時彼に一目ぼれし、ずっと大好きだったのです。

 

逢瀬を続けていたある日、有島から子供が生まれたことを知らされます。

関係を切ろうとしている彼に自分も既婚者であることを告げ、利害一致のダブル不倫関係を成立させることに。

 

美都の実家はスナックをしていて1階が店で2階が自宅になっています。

中学の頃に時々店に呼ばれたりしていて、そこでお客さんの占い師に見てもらい言われたことがあります。

 

「あなた2番目に好きな人と結婚するといいわ、1番目はだめよ」

 

それがずっと心に残っていたようです。

 

美都の旦那の渡辺涼太は美都が働いている病院の患者さんで美都に一目ぼれでした。

 勇気を出して食事に誘いその後結婚することになったのですが、ある夜寝言で美都が「有島くん」とつぶやき、その日以来美都の携帯をこっそり見る癖がついてしまいます。

 

でも何もやましいことはなくただの寝言と気にすまいと思っていましたが、ある日携帯に寝言で言った有島の名前を発見します。

 

子供を作ろうと美都に提案してみるが美都には「子どもはいらない」と断られてしまいます。

 

涼太は美都が浮気なんてしてないよねと自分に言い聞かせます。

 

 

有島光軌の妻の戸川麗華は有島の高校の同級生。

 親が別居していたため高校の時から家事やバイトをしていた苦労人です。

 

クラスメイトにも興味はなく過ごしていましたが、有島と接することで彼に対しての自分の気持ちが少しずつ変わっていき、ある日突然有島にキスしてしまいます。

 

心のままに動いた結果でしたが、それからも特に変わりない日々が続き、卒業後
有島と付き合うことになり、そのまま結婚しました。

 

 

ある日、有島は麗華から子供が生まれたと連絡があり、子供に会いに行きます。

 

美都は友達の香子に会って有島とのダブル不倫のことを話します。

当然友達には反対されますが美都の想いは止められません。

 

逢瀬は続けているけどだんだんと子供の具合が悪いだとかで会えないことも多く、会えても時間が短かったりということも増えます。

 

有島に趣味を作れと言われる美都。

そこで陶芸教室に通ってみることにしますが、そこは有島の妻の麗華が以前通っていた教室だったようでたまたまバッタリ出会います。

 名乗りはしなかったけどなんとなく美都はわかったような様子でした。

 

そして迎える結婚1周年。

 

結婚記念日が美都の誕生日と同じ日のため、前日に有島と会う約束をしていましたが、
またも子供の熱でドタキャンされてしまいます。

 

打ちひしがれる美都ですが、次の日は旦那と1周年記念と誕生日のお祝いをしました。

 

その時に涼太は、浮気を全部わかったうえで

「この先どうあろうと今の君がどうあろうとずっと君を愛する。
変わらずずっと君を愛することができると誓う」

と言います。

 

有島の奥さんが里帰り出産していた間に友達と行ったことにして有島と1泊旅行に行ったことも、遅く帰る前の日は機嫌がいいことや、遅く帰った日の翌日は優しいことなど、涼太にはすべてわかっていたのです。

 

そして美都は有島が不在の時に陶芸教室での忘れ物を届けに来たと麗華のもとを訪ねます。

 

そしてそれを有島に責められ麗華はなんとなく2人のことを勘付いているようで、有島はそれを察し、美都としばらく会えないと距離を置こうとします。

 

数日後涼太が偶然を装い有島夫婦に近づいていました。

 

4人の関係の関係はどこまで複雑になっていくのでしょうか?

 

あなたのことはそれほどを無料で読むならこちら♪

 

tsuyoshi0123.hateblo.jp