専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

煩悩パズルのネタバレ 無料試し読みも♪

サイテーなフラれ方をした。 男なんてもうこりごり。そう思ってたのに、私の心に傍若無人に入り込んでくるアイツ…。

「おまえ 今日から俺の彼女な。異論ねーだろ?」 

あたしじゃなくても他にもっとかわいくて色気ある子いっぱいいるでしょ。

「かわいい女なんて見飽きてるんだよ」

…かわいくないって言い切ってんじゃん…。

「それにおまえのほうが… そこはかとなくエロいし」

そーゆうこと、恥ずかしげもなく言う? 

「…この世のどっかにいるんだもんな。おまえの表情(かお)、全部知ってる男(ヤツ)」

「今 会ったらそいつのこと殺しそう」

ダメだ。完膚なきまでにオチてるのは、私のほうかもしれない…。

f:id:tsuyoshi0123:20170518151056j:plain

ネタバレがありますので、先に無料で試し読みしたい方はコミなびへ!

 

サイト内より【煩悩パズル】と検索!

↓ ↓ ↓

煩悩パズルを無料で試し読みしてみる

 

ネタバレ

音羽紬は中学時代にサイテーなフラれ方をしたことで、恋愛どころか男性と関わることを嫌っていました。

ある日、紬は部活である茶道部に行こうとしたところカップルのもめごとに遭遇。

 

どうすればいいか戸惑っているところに、金髪にピアスで問題児の楢崎立獅が現れます。

立獅はもめごとを見てワクワクしていますが、紬のために止めに入りにいきます。

 

立獅はボクシング部に入部しており、部活の時はまともだと聞いていたので、こんなところで台無しにしないでと、紬は少し心配そうな様子。

引っ掛かる言い方をする紬ですが、立獅はこぶしを使わずにキックで止めに入りました。

 

なんとかもめごとが止み、紬が茶道部に行こうとすると、立獅は茶道部に立ち寄っても良いかと言いだし、お茶の一杯でも飲ませろと言いだしました。

紬の言動に対してムカつく奴と言いながらも、彼氏がいたのかとか今もいるのかと口に出してしまいます。

 

紬は傷つくのは嫌だし男は懲り懲りで、これからも付き合う気はないと言うと、立獅は「なぜ傷つくのが前提なのか」また「他の奴と俺を一緒するな」と言って、今日から俺の彼女と強引に決めだしたのです。

最初は立獅の告白を断るつもりだった紬も、立獅の可愛らしさや本気なことを知り、次第に惹かれていきます。

 

やっと結ばれた2人でしたが、ある日電車に乗った2人の前に紬がもう恋はいいと思ったり、男性と関わることもやめたきっかけの張本人の龍弥が現れます。

しかも龍弥は立獅に興味を持ったのか、紬にちょっかいを出し始め…。

 

煩悩パズルを無料で読むならこちら♪