専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

3D彼女 リアルガール1巻 ネタバレと感想 【オタクとギャルが、、、】

 

 

こんにちは、ミキです♪
今日は「3D彼女 リアルガール」のネタバレをしていきますね。

 

 

なお、このマンガはまんが王国で試し読みできます。

 

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は
こちら

 

まんが王国で「3D彼女 リアルガール」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

 

オタクとギャル

 

「最悪だ、、、」

 

筒井ヒカリは、二次元の女の子にしか興味のない男子高校生。

 

3年間遅刻もしたことなんてなかったのに、この日に限って遅刻してしまいます。

 

さらに、遅刻した人がもう一人。

 

彼女の名は五十嵐イロハ。

 

ヒカリとは違うクラスですが、彼でも知ってるくらいの有名人です。

 

学校はサボってばっかり、男グセ悪くて女ウケも悪い。

 

派手でツンツンしてて女友達いない。

 

ヒカリのもっとも嫌いなタイプです。

 

「、、、その前髪さあ、気持ち悪くない?」

 

こんなことを平気で言われてますます嫌いになります。

 

遅刻のせいで、お昼休みに2人でプール清掃をすることに、、、

 

 

意外と優しいイロハ

 

 

そして迎えたお昼休み。

 

「どうせあいつは来てないだろうな、、、」

 

そう思いながらプールに行ってみると、

 

「あ、 やっと来た」

 

そこには、ブラシを持ったイロハの姿がありました。

 

(来てる、、、)

 

意外すぎてヒカリはビックリ。

 

彼女から掃除用具を受け取ったヒカリは、

 

足を滑らせたイロハと一緒にプールに落ちてしまいます。

 

「シャツ絞るから貸して」

 

と、意外と気を遣ってくれるイロハですが、ヒカリは断ります。

 

恥ずかしがっているのでしょうか(笑)

 

すると、突然彼女が制服を脱ぎ始めるではありませんか!!

 

「何してんだ、脱ぐなよ!!」

 

信じられないといった口調のヒカリに、

 

イロハはふしぎそうな顔をして、

またもやストレートなことを言うのです。

 

「耐性ないんだ、、、 童貞?」

 

売り言葉に買い言葉で、

今朝の「気持ち悪い」発言を咎めるヒカリ。

 

中学の時もこういうタイプにからかわれたことを思い出して、

ヒカリはつらつらと嫌味を吐き出します。

 

そんな彼に、イロハ微笑みながらこう言うのです、

 

「君もちゃんと恋した方がいいよ」

 

 

ギャルに心を開き始めるオタク

 

 

ある日、ヒカリは親友のイトウとカフェで一緒にゲームをしていました。

 

その時、

 

「あれぇ、ツッツンじゃん!」

 

という声が聞こえてきます。

 

声の主は中学の時に散々バカにしてきた女子。

 

相変わらずオタクオーラを放ちまくるヒカリと、

ネコミミ帽子をかぶったイトウを、

一緒にいた友達とからかってきたのです。

 

悔しさにうつむくヒカリ。

 

そんな彼に声をかけてきたのは意外な人物でした。

 

「ツッツン、お待たせー!」

 

なんとイロハがやってくるやいなやヒカリの腕にしがみつき、

 

「何このブサイクな人達。 

まさかツッツンの友達??」

 

怒り出すヒカリの元クラスメイトたちにも飄々と立ち向かいます。

 

罵倒攻撃で見事に彼らを撃退したイロハに、

ヒカリとイトウはビックリです。

 

しかも、ちゃんと話をしてみると、

イロハはヒカリの前髪を気持ち悪いといったわけではなく、
前髪が目に入って気持ち悪くないのかなと思っただけなんだとか。

 

まさか、ヒカリに気を遣っていたとは、、、

 

さらにイトウのネコミミ帽子をカワイイと褒めてくれたのです。

 

噂とは違うイロハの一面に、2人は
「いい人なのかも」と認識を改めるのでした。

 

 

 

プチ感想

 

ギャルがオタクを見下すのはよくあるパターンですけど、

逆に、最初から親切にするのは初めて見ました!

 

しかも、困っているヒカリを助けるなんて正義感もあって、

イロハというキャラが好きになりました♪

 

続きが気になります!

 

 

 

このマンガはまんが王国で読むことができます。

 

無料試し読みもできるので、

 

是非読んでみて下さい♪

 

→まんが王国はこちら