専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

今際の国のアリス1巻 ネタバレ

 

 

こんにちは、ミキです♪
今日は「今際の国のアリス」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガはまんが王国で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は
こちら

 

まんが王国で「今際の国のアリス」と検索!!

 

 

別世界に迷い込んだ三人

 

やりきれない日常に苛立つ高校生・アリス。 世間でいうところの「落ちこぼれ」ってやつです。

 

そんな良平とは対照的で、学業優秀な弟。

 

「ちゃんと将来のこと考えてんの?」とまで言われてしまいます。

 

勉強なんかなってる気分じゃないと、やってきたのは、同級生で悪友のカルベの店。

 

そこには友達のチョータもいました。

 

女がいればハッピーと、眠らない街・渋谷に行こうと線路の上を歩いていく3人。

 

疲れ切った3人は駅のプラットホームで休むことに。

 

すると、午前4時30分というおかしな時間に、遠くで花火を見るのです。

 

きれいだなあと花火に見とれる3人。

 

しかし次の瞬間、とてつもなく強い光が3人に降り注ぎ、彼らを飲み込んでいきました。

 

3人が目覚めたのはカルベの店。

 

しかし、どういうわけか灰にまみれていたのです。

 

外にでた3人はその光景にあっけにとられます。

 

野原の上に建てられたいくつかの廃ビル。

 

人がいる様子なんてそこありません。

 

チョータは夢を見ているんだと言いますが、
次第にいろいろと考える3人でした。

 

そんな時聞こえてきたのはお祭りの音。

 

いってみるとそこにはたくさんの屋台が出ていました。

 

言うまでもなくそこには誰もいませんでした。

 

カルベだけは、今に何かが起こると冷静沈着な様子。

 

 

げぇむスタート

 

そんな時、一人の女が現れます。

 

彼女の名はシブキ。

 

アリスたちを見ると、

 

「あなた達、、、 初参加者、、、!? 

 もしかしてまだこの国に来たばかりなで、何も知らずにここに入ったの、、、!?」

 

それを聞いたカルベは表情を一変させ、

 

「オイ、アリス!! チョータ!! ここはヤベエ!! 今すぐ出るぞ!!」

 

2人を連れて神社を出ようとします。

 

しかし、

 

「それ以上進んじゃダメッ!!」

 

シブキにそう言われて、カルベは鳥居の前で足を止めます。

 

「もう、手遅れよ、、、 あなたたちはすでに、

 

アイツらの「げぇむ」に乗ってしまった、、、!」

 

その時、鳥居の二本の柱に光の膜が張られ、4人は閉じ込められたのです。

 

「あなた達がもし、この世界をまだ夢か何かだと思っているのなら、、、
そのままだと、死ぬわよ!!」

 

「、、、は?」

 

何がなんだかさっぱりといった様子のアリスとチョータ。

 

次の瞬間、参道の中央にあるスクリーンに文字が浮かび上がります。

 

その画面には大きな文字でこう書かれていました。

 

げぇむ と

 

 

 

このマンガはまんが王国で読むことができます。

 

無料試し読みもできるので、
是非読んでみて下さい♪

 

→まんが王国はこちら