専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~1 ネタバレ

f:id:tsuyoshi0123:20170107213033j:plain

 

 

こんにちは、ミキです♪
今日は、「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~1」のネタバレをしていきますね。

 


なお、このマンガはまんが王国で試し読みできます。

 


ネタバレの前に試し読みしたい方は
こちら

 

「美醜の大地」で検索!

 

地獄のようないじめの日々

 

 

「これで私の顔を美しく整形して下さい。」

 

ハナは大量の現金をもって美容外科を訪れました。

 

それに対して医者は

 

「金は問題ではない。 動機、それが重要だ。 私にとっては。」

 

と言います。 

 

何か意味ありげな言い方ですね、、、

 

時間はハナの中学時代にさかのぼります。

 

樺太で母と赤ん坊の留吉の三人で暮らしており、地元の学校に通っていました。

 

しかし、醜い顔のせいで幼い頃からひどくいじめられていたのです。

 

ミミズを食べさせられそうになったり、自分の靴を飼育されているウサギの虐待に使われたりなど、ハナは耐えられなくなっていました。

 

 

憎悪が芽生えた瞬間

 

 

昭和20年8月15日、終戦を告げる玉音放送が流れ、樺太ソ連領になります。

 

しかし、終戦したのにもかかわらず、ソ連軍は攻撃をしかけてきます。

 

やがて、本州から引き揚げ船がやってきました。 

みんな船に乗り込もうと必死です。

 

ハナたち3人も何とか乗ることはできました。

 

しかし、中学のいじめグループに見つかってしまい、3人とも船から追い出され、樺太に取り残されてしまったのです。

 

その翌日、次の船が到着し、ハナたちは無事に船にのることができました。

 

これからはもっと強くなって生きていこう、新しい土地で

 

海を眺めながらハナはそう自分に誓います。

 

しかし、安心している矢先、ソ連軍の砲撃が船を襲います。

 

奇しくもハナたちを乗せた船は、本土の目前で撃沈されてしまったのです。

 

必死に2人を助けようともがくハナ。 しかし、母へは手が届かず、母が海の底へ沈ん

でいくのをただ見ていることしかできなかったのです。

 

こうなったら留吉だけは助けなきゃ!!

 

小さな体を片手で抱きながら、ハナはただひたすらに泳ぎ続けます。

 

しかし、ハナの願いは届かず、留吉は息を引き取りました。

 

「留吉、、、 留吉ィ!!」

 

泣き叫びながら留吉を抱きしめるハナ。

 

そんな時、ある人物の顔が浮かびあがりました。

 

それは、いじめグループのリーダー綾子。

 

あの時彼女が余計なことを言わなければ初日に船に乗れた。

 

家族も死なずに済んだ。

 

「醜い」
ただそれだけでどうして私はこんな目に遭わなければならないの?
なぜ大切な家族が死んで私だけが生き残ってしまったの?
いいや、違う
なぜあんな薄汚い連中が生き永らえているの!?

 

こうしてハナの中に、とてつもない憎悪が生まれます。

 

許さない、絶対に許さない、
必ず、、、必ず復讐してやる!!

 

 

こうしてハナは整形して生まれ変わり、あいつらに復讐する決心をします。

 

 

これを聞いた医者は、
「気に入った、君の望むとおりにしてやろう」
そういったのです。

 

 

復讐その一

 

北海道川上町、敏恵はとある旅館跡取りと結婚し若女将として働いていました。

 

親同士の決めた見合い結婚でしたが、夫は優しい人で多忙ながらも充実し、幸せな毎日をおくっていました。

 

そんなある日、ある一人の美女が現れます。

 

名前は小石川菜穂子。 住み込みの働き口を探して、ここにたどり着いたそう。

 

「戦争で何もかも失い、各地を転々としてきた」 彼女はそう言います。

 

菜穂子は控えめで気が利いて、他のスタッフにはかなり好評でした。

 

それに不満な態度を見せる敏恵。

 

ある日、何やら外が騒がしく、人だかりができていました。 

 

人々の視線の先にあったのは、、、

 

血にまみれたウサギの死体。 さらにその傍にあったのは、敏恵の靴でした

 

「一体誰がこんなことを、、、」

 

その時、敏恵はハナの幻を見るのです。

 

 

ハナの亡霊に怯える敏恵

 

まさか、ハナの亡霊が復讐しにきたのかと、精神不安定になっていく敏恵。

 

菜穂子がハナに見えて突き飛ばしたり、食事にミミズが混ぜられているのを菜穂子のせいにしたり。

 

そんな敏恵を見た夫は、

 

「君がこんなヒステリックな女だとは思わなかったよ」

 

と、だんだん敏恵から離れていきます。

 

「あの女がすべての災いの元凶なんだ」

 

そう決めつけた敏恵は、客の荷物を盗んで菜穂子の部屋に隠そうとします。

 

しかし、その様子は菜穂子に見られていたのです。 

 

敏恵は慌てて暴れだしますが、騒ぎをききつけた夫やスタッフに取り押さえられます。

 

こうして、敏恵の盗みが発覚してしまいました。

 

 

復讐その一完了

 

それでもなお、菜穂子を悪者扱いする敏恵を夫が叩き、旅館から追い出します。

 

精神が崩壊した敏恵は

 

「もうやめてハナ! 許して!!」

 

と叫びながら飛び出しますが、階段で滑って転げ落ち、心を体に傷を負い、再起不能になりました。

 

 

 

復讐はまだ始まったばかりだと笑うハナ。 

 

最大の獲物はもちろん、いじめの首謀者である綾子。 

 

彼女らをどん底に突き落とす日を夢見て、ハナはそこをあとにします。

 

 

 

 

たまにドラマとかでも見かけるパターンのマンガでしたね。
でも、時代背景もあって楽しめました。
次巻が楽しみです♪

 


このマンガは、
まんが王国で読むことができます。

 


無料試し読みもできるので、
ぜひ読んでみて下さい♪


→まんが王国はこちら