専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

【殺人アーティスト、カエル男】 ミュージアム ネタバレ 1巻

 

 

こんにちは!

今回は、ミュージアム1巻のネタバレを書いていきますね♪

 

 

 

このマンガは「まんが王国」で試し読みできます!

 

 

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

 

まんが王国で「ミュージアム」と検索!

 

 

 

 

3匹の犬の餌となった死体

 

雨の降るなか、捜査一課の刑事である沢村は、古い廃ビルで起きた殺人現場に呼び出されました。

 

 

 

 

被害者の女性は、監禁されたあと、腹をすかせた3匹の犬を放たれ、その犬たちにかみ殺されました。 

 

 

 

1匹の犬の胃袋から

 

「ドッグフードの刑」

 

と書かれたメモが見つかります。

 

 

 

少しずつ体を削られた死体

 

第二の被害者はひきこもりのニート

 

 

 

ある雨の日のこと、留守中にカエルのかぶりものをかぶった雨合羽の男に拉致され、イタノコギリで体を少しずつ削りとられます。

 

 

カエル男 「あと3260グラム、、、」

 

 

 

必死に抵抗するも、最後は首をとられました。

 

 

 

残されたメモには

 

「母の痛みを知りましょうの刑」

 

と書かれてました。

 

 

 

真っ二つにされた死体

 

 

第三の被害者は、裁判官の男。

 

 

 

たてに半分に切り裂かれ、自宅と愛人の会社にそれぞれ宅配されました。

 

 

 

例のメモには

 

「均等の愛の刑」

 

と書かれてました。

 

 

 

被害者の共通点

 

 

3人に共通するのは、「幼女樹脂詰め殺人事件裁判」の関係者だということでした。

 

 

そして、沢村の妻も、その裁判の裁判官だったことが判明します。

 

 

 

大切な家族にせまる危険

 

 

単独で動きはじめた沢村は、妻と子がかくまわれた事実を知ります。

 

 

 

場所をつかんだものの、すでに「カエル男」が侵入しており、2人は拉致されてしまいます。

 

 

 

カエル男と視界にとらえた沢村は、カエル男を追いかけますが、取り逃してしまいます。

 

 

 

自称アーティスト、カエル男登場

 

 

ある雨の日、沢村は後輩刑事の西野をファミレスに呼び出し、「樹脂詰め事件」の捜査資料を持ち出させます。

 

 

 

今回の連続殺人は、あの事件を彷彿させます。

 

 

 

窓際で話しあう2人。 

 

 

降り続く雨。

 

 

ふと沢村が外を見ると、そこには雨合羽を着たカエル男が立っていました。

 

 

 

2人は逃走するカエル男を追います。

 

 

 

しかし、先をいった西野がビルの屋上でカエル男に拘束されてしまいます。

 

 

 

西野はビルのふちに追い詰められています。

 

 

 

カエル男の手には拳銃が。

 

 

 

カエル男 「僕は表現者だよ。 人を楽しませるアーティストさ。」

 

 

 

雨がやみ、太陽が顔をのぞかせます。

 

 

 

カエル男 「おめでとう、2階級特進だ」

 

 

 

そう言ってカエル男は、西野を突き飛ばしました。

 

 

 

またもやカエル男を逃がしてしまいます。

 

 

 

大胆な犯行を続け、警察を挑発するカエルの正体は一体、、、

 

 

 

まんが王国はこちら