専業主婦ミキのマンガネタバレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦ミキの漫画紀行

ミキがマンガのネタバレをします♪

後にも先にもキミだけ ネタバレ

 

新鋭・川上ちひろが描くイマドキ17歳のラブコメ事情。

傍若無人な彼氏・速人(はやと)に振り回される主人公・芙美(ふみ)。

破綻しそうでハラハラしていたのに、なぜかちょっとずつ進展しているみたいな不思議で痛い恋愛コメディ。チーズ!誌上で大人気連載中。

 

ネタバレがありますので、先に無料で試し読みしたい方はコミなびへ!

 

サイト内より【後にも先にもキミだけ】と検索!

↓ ↓ ↓

後にも先にもキミだけを無料で試し読みしてみる

 

 

ネタバレ

 

直江芙美と有村速人は付き合って2ヶ月。

芙美のことをからかったりしていますが速人も芙美のことが大好きです。

でもちょっと愛情表現が下手で、芙美を不安な気持ちにさせることも。

 

ある日、2人でいたところに、サッカー部のマネージャー・舞花が速人にベタベタしてきます。

サッカー部は仲が良く、花火大会はみんなで行く予定だったのですが、芙美もついて行くことに

でも、速人はほとんど舞花と一緒。

 

早く帰りたい、、、と、芙美は思うのでした。

いろいろ考えていたら速人たちからはぐれてしまいました。

一人で歩いていると、知らない兄ちゃんが絡んできました。

 

しかし、速人がすぐに駆けつけてくれました。

 

速人は芙美のご機嫌を取ろうとしますが、芙美は怒ったふり。

ちょっとした一言で速人にやきもちをやかせます。

 

すると速人が

「もうしゃべるのもめんどくさい」

と言って、芙美にキスしてきたのです。

 

ある日速人が同窓会に行くと言います。

しかも会いたい人いると。

それは速人の元カノで、どんなになっているか見てみたいというのです。

しかもその元カノは超美人で、久しぶりに会う速人を狙っている様子。

 

サッカー部のマネージャーの舞花や元カノの登場などで、芙美はハラハラ。

速人と芙美の恋はどうなってしまうのでしょう…。

 

 

後にも先にもキミだけはコミなびで無料試し読みできます♪

tsuyoshi0123.hateblo.jp

 

 

クダンノゴトシのネタバレ【若者たちへ余命七日間の宣告⁉】

 

卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、“異形の何か”。

その出遭いこそが、悪夢の始まりだった。

前途洋々だったはずの若者たちに、突如下される“余命7日間”の宣告。

あなたならどうする?

 

ネタバレがありますので、先に無料で試し読みしたい方はまんが王国へ!

 

サイト内より【クダンノゴトシ】と検索!

↓ ↓ ↓

クダンノゴトシを無料で試し読みしてみる

 

 

ネタバレ

 

卒業旅行の帰り道、辻本光たちは、いつも間にかカーナビにもない山道に入っていました。

 

一緒にいたのは、大学の旅行サークルの仲間、男女7人。

 

引き返すこともなく、大学生のノリでそのまま車を走らせていると。

 

なにかが飛び出してきて、ド~オオ~ンという大きな音が。

 

「轢いた」

 

全員車から降りて、スマホの明かりを頼りに辺りを見てみると。

 

人の顔をした大きな牛のようなバケモノが!

 

バケモノは何か言っているようでした。

 

でも、みんなは慌てて車に乗って、逃げ出してしまったんです。

 

その後、車を修理にだしてみたものの、キズ・ヘコミはなかったのです。

 

車にはなにもなかったように綺麗な状態でした。

 

あれは集団幻覚だったのか。

 

みんなはそう思っていました。

 

光は旅行サークルの中で、一人だけ就職が決まっていませんでした。

 

彼女の桜井千鶴に一方的に別れを告げて、首を吊って死のうとしていました。

 

しかし、その時、、、

 

「自ラノ死ハ・・認メ・・ナイ・・・・」

 

光の目の前に、なんとあの牛のバケモノが現れたのです。

 

「サァ・・始マリダ・・」

 

死ぬことができなかった光の運命は・・・?

 

クダンノゴトシを無料で読むならこちら♪

 

 

僕たちがやりました ネタバレ

 

金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。

だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論!!!!!

 

ネタバレがありますので、先に無料で試し読みしたい方はコミなびへ!

 

サイト内より【僕たちがやりました】と検索!

↓ ↓ ↓

僕たちがやりましたを無料で試し読みしてみる

 

第三次世界大戦が起こらねーかなーとか、ボウリングでハイスコア出したいとか、アメトーク観たいとか言ってる、トビオという男子高校生がいました。

今日もマルとイサミと仲良く登校。

 

イサミは彼女ができたことを告白します。

イサミはトビオとまるに、

「なんでお前ら彼女がつくらねーの」

と言います。

しかし二人は、AVでいいとか男の子らしいことを(笑)

 

すると登校中に、いじめられている生徒たちを見つけますが、三人は見て見ぬふり。

凡下(ボケ)校と矢波(ヤバ)高は道を挟んでお隣同士にある学校。

ヤバ高の生徒には不良がとても多く、ボケ高校の生徒たちはよくカツアゲされたりしていたのです。

 

トビオは、夢など何もないのか普通が一番いいと、将来を考えている様子。

そこそこというやつです。

(やっぱこの生徒は馬鹿ばかりなので俺のそこそこ邪魔しないでください)

 

ボケ高では部活に入らないとダメな規則があり、トビオたちは一応フットサル部に所属しています。

特に何をするわけでもなくて、くだらないことして遊んでいました。

 

そこにサングラスをかけたパイセンがやってきました。

トランプでもやろうとするパイセン。

罰ゲームは散髪。

負けた人は髪切ってイケメンになって来いと、パイセンは言います。

負けたのはイサミ。

 

パイセンの実家はすげー金持ちで、20歳になってもこうしてニートをしているのです。

友達が1人もいないらしく、後輩のトビオたちのところに来ては遊んでいました。

 

帰り道にヤバ高の奴らが溜まってるのを発見。

するとマルはヤバ高のやつらに、ぼそっと

「死ねばいいのに」

と言います。

 

しかし、別のグループのヤバ高がそれを聞いてしまい、

「今喧嘩売ってたね、お前の服全部抜け」

と脅されてしまいます。

ビビっているトビオとマル。

そこにパイセンがやってきて、男たちにお金を渡して、やめるように言います。

お金をもらった彼らは満足して帰っていきました。

 

パイセンとマルとトビはそのままスポッチャに遊びに行き、イサミの散髪がおわるのを待っていました。

EXILE みたいにって言って失敗したんじゃないかと言っていると、イサミが表れます。

その髪型はなんと、メンディーの旧型のそれでした(笑)

 

僕たちがやりましたを読むならこちら♪

 

 

悪女(わる)のネタバレ

 

落ちこぼれ新人OL・麻理鈴が大活躍!

ダンジョンのようなこの世の中で、ステキな王子さまを発見。

さあ、麻理鈴の冒険の冒険の始まりだ!!

元気になれる恋のゲームコミック、スタート!!

 

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「悪女(わる)」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「まんが王国」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

まんが王国で「悪女」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

マリリンは、流通で世界トップクラスの伝統ある一流商社・近江物産に入社しました。

 

しかし、配属されたのは庶務課・資材管理室。

あまり有力でないコネで入社した女の子が回される部署です。

 

ハンサムなエリートが顔をのぞかせる部署でもないからみんな1~2年で辞めていくと、隣の峰岸さんから聞きます。

 

今日も沈んだ気持ちで出勤し、混雑する会社のロビーでマリリンはコンパクトを落としてしまいます。

 

すると、一人の男性がそれを拾い上げ、「どうぞ」と言って手渡してくれたのです。

一瞬動けなくなり、気づいてお礼を言おうとした時には、その人はもういませんでした。

 

名前も知らないその男性に、マリリンは一目惚れしてしまったのです。

しかし、彼の手掛かりはつかめません。

 

仕事に励む麻理鈴が書類を届けに行った先の部署で、派遣社員の一人が

「あなた達の仕事なんて、ホントはコンピューター1つあればできる事、コネで入社させてもらったくせに社員面して」

とバカにしてきました。

マリリンが見せてほしいと言った社内報も、必要ないと言って見せてくれません。

 

ある日、彼女が雑談で「爬虫類がダメ」と言っているのを聞きつけます。

そこでマリリンは、蛇のおもちゃで彼女を脅し、社内報を見せてもらうことに成功。

 

それからマリリンへの派遣社員の風当りが変わります。

 

意地悪にめげずやり返したマリリンを見て、峰岸は

「出世したくない?」

と声をかける。

 

出世すれば権限は大きく思う通りにできる、と。

「今のままで会って、どうするの?男の方から惚れるような女になりなさい」

と峰岸さんは言います。

 

マリリンはあの男性に会うため出世しようと懸命に働くことを誓うのでした。

 

 

このマンガは「まんが王国」で読むことができます。

無料試し読みもできるので、

是非読んでみて下さい♪

→まんが王国はこちら

 

 

 

liarのネタバレ

 

こんにちは、ミキです♪

 

今日は「liar」のネタバレをしていきますね。

 

なお、このマンガは「まんが王国」で試し読みできます。

 

ネタバレの前に試し読みしたい方は

こちら

コミなびで「まんが王国」と検索!!

 

 

ネタバレ

 

成田美沙緒は、新卒の会社員。

 

入社した会社で、年齢が1つ上の上司、市川一哉に出会います。


しかし、無愛想な市川に対して、美沙緒は少し苦手な意識を持っていました。


美沙緒は逆に同じ部署にいる上条さん(メガネのイケメン)に好意を抱いており、部署のみんなが知っているくらい上条さんにベタベタしていました。

しかし、上条はあまり美沙緒には興味がないような素振りをしています。

ある日、市川が宝くじで100万円を当て、世話になっている人全員にご飯を奢ることになります。


美沙緒がいる前で上条を誘い、

 

「成田も一緒に来るか?」と

わざとらしく聞くと、

 

上条さんが来るなら私も行く!」

 

と、美沙緒は張り切っていました。


しかし、その日上条は来ていませんでした。


それに不満な美沙緒は、二次会には参加せずに帰宅することに。


家に帰り、リラックスしていた美沙緒は市川にお礼のメールを送信します。


その返信には、

 

「俺、お前のことケッコー好き」

 

という言葉が。

 

今まで無愛想だったのにいきなり何?と思った美沙緒でしたが、照れてしまいます。


その後、徐々に市川のことを好きになっていく美沙緒。


しかし、イジワルな市川はそんな美沙緒の気持ちを知っていながら、社内の合コンに参加したり、お前の事好きなやついるからメールしてあげてと、美沙緒の気持ちをもてあそんでいました。


しまいには、自分の彼女の写メまで成田に見せつけます。

 

美沙緒はショックで目を腫らします。


その後、上条の退社が決まり、成田は市川と営業のペアを組む事になったのです。


仕事中にいきなり市川が

 

「お前って まだ俺のこと好きなの?」

と美沙緒に質問してきたのです。

 

すると美沙緒は

「好きですけど?」


と言って、照れながらその場を離れます。



その日の夜、いきなり市川から電話がかかってきました。


「いまどこ?いまから行く!住所メールしといて」


スッピンだった美沙緒はすぐにメイクをして、


ドキドキしながら市川を待っていました。



近くまで来た市川が外に美沙緒を呼びだします。



車に乗って黙っている美沙緒に市川が

「このままそこでずっと黙ってんの?」 


成田「・・市川さんがスキ」

 

 

このマンガは「まんが王国」で読むことができます。

無料試し読みもできるので、

是非読んでみて下さい♪

→まんが王国はこちら